• 2018年5月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

【過去事例】価格値下げ後の不動産広告|不動産チラシ広告のヒント

2015/05/02

反響の取れる不動産広告|成功事例⑤広告実施日:2011年5月
1件の問い合わせ獲得に要した部数:1000部

左記広告は、特段ターゲットも絞り込めておらず、効果的なキャッチコピーもございませんので、本来であれば「こんな広告を作ってはいけない」部類に入る広告です。

しかし、お客様に最も効果的に訴求する「値下げ」というポイントが、大きく謳われています。「大幅プライスダウン」というキャッチコピーだけでなく、右下がりの矢印を配置する事により、視覚の面でも簡単に値下げの広告である事を、お客様に理解して貰うことが出来るんです。

単に値下げをすると書いただけでは、お客様の「何故、安くなるの?欠陥住宅なの?売れ残っているの?」という不安を払しょくする事が出来ませんが、「モデルハウス展示期間終了につき」と、値下げ理由も明記すれば、お客様の不安を払しょくする事が出来るだけでなく、「掘り出し物」といった印象を与える事ができるのです。

反響の取れる不動産広告に関するお問い合わせはコチラ

反響の取れる不動産広告に関するコンサルプランはコチラ

【関連記事】

⇒【動画公開】不動産広告・住宅チラシで反響を取る為のヒント

「梶本のコンサル」への問い合わせ専用ダイヤル

FREEDIAL:0120-050-175

株式会社レコ コンサルティング本部 受付時間:10時~18時(土日・祝祭日定休)コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい

インターネットでのご相談お問い合わせ

不動産仕入れの集中講座