• 2018年2月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28

インターネット集客と不動産業界について|これからの不動産業界について

2015/05/12

反響の取れる不動産売買仲介HPを、格安で制作する方法|ネット支店60
新聞発行部数表|不動産広告のヒント先ず、この表をご覧下さい。

これは新聞協会経営業務部が調査している新聞の購買の推移をあらわした表です。ご覧の通り、2000年には一世帯あたりの購買部数が1.13部であったのに対し、2014年には0.83部と、一世帯あたりの購買部数が「1」を大きく割り込んでしまっています。

 

 

インターネットの利用者数及び人口普及率の推移|不動産とインターネットのヒント次の表は総務省がまとめたインターネットの利用率ですが、急速な伸びを続けております。そして最も注意すべきは、インターネットに慣れた若い層が成長し、これから「不動産屋さんのお客様」になって行くと言う事です。ここで少し想像してみて下さい。「学校の受験情報をインターネットで調べ」、「アルバイト先もネットで検索し」、「就職活動の際も就活サイトを利用した」、そんな世代が、家を買ったり借りたり、家を建てたりする時だけ突然、不動産屋のチラシを見たり、知人に不動産屋を紹介して貰ったりすると思われますか?

属性別インターネット利用率及び利用頻度|不動産とインターネットのヒントこれから我々不動産業界は、益々インターネットリテラシー(ネットを使う技術)の高いお客様を相手にしていく事になる訳で、その為には、インターネットで不動産情報を探すお客様に、自社のホームページに来てもらう事が大切になってくるのです。

 

今まで我々不動産業界は、右肩上がりの人口増加・経済成長の中で、集客というものに関心を持たずにやってきました。

「物件(専任物件・管理物件・売れ筋現場)さえあれば、買主や借主はいくらでも集められる」と言うのが業界の常識であり、共通認識でした。

しかし、長引く不況や人口の減少により買主・借主の絶対数は減少し又、不動産価格の下落によって、物件自身に価格面での魅力を持たせる事が、非常に難しくなっています。

又、お客様へ物件を紹介する際には、業者とお客様の間にある圧倒的な情報の非対称性を利用して所謂、「アテ物・ミセ物・キメ物」といったように、業者側が決めたい物件へお客様を誘導する事が多く、このような技術に長けた営業マンが「数字を挙げる人間」として、評価されて来ました。

ところが、インターネットの普及により、業者とお客様との情報の非対称性は崩壊し、お客様は簡単に情報を入手する事が出来るようになった今日、今までと同じような営業手法は取りずらくなってきています。

あなたの会社でもこんな場面に出会ったことはありませんか。

お客様をご案内中にお客様から「あっ!!この物件、○○不動産から出てましたよね」と言われたのに、営業マンが知らなかった・・・なんて事が。

このように激変する市場、激変するお客様の行動パターンの中にあって、堅調な伸びを続けているのがインターネットです。

ホームページが無いのは、会社が無いのと同じ。
ホームページで自社の強みをアピール出来ないのは、集客に関心が無いのと同じ。
そういう認識を持つべき時期に、我々不動案業界も差し掛かっているのです。

もしあなたが、ホームページやインターネット集客でお悩みなら、一度、梶本までご相談下さい。

それでは下記「不動産ホームページ無料相談」をクリックの上、無料相談ページへお進みください。

不動産ホームページ無料相談

無料相談ページへ進んで頂いた後は、下記画像のような要領で該当箇所をチェックし無料相談をお申込み下さい。

不動産ホームページ無料相談尚、ネットからのご相談では無く「今、電話で相談してみたい。意見を聞いてみたい」とご希望の方は、0120-050-175(受付時間:10時~18時 土日・祝祭日定休)までお電話の上、コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい。
⇒【動画公開】反響の獲れる不動産ホームページ制作に関するヒント

【関連記事】

 

 

 

「梶本のコンサル」への問い合わせ専用ダイヤル

FREEDIAL:0120-050-175

株式会社レコ コンサルティング本部 受付時間:10時~18時(土日・祝祭日定休)コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい

インターネットでのご相談お問い合わせ

不動産仕入れの集中講座