• 2018年8月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

ホームページタイトルの付け方|反響の取れる不動産HP制作のヒント①

2015/06/15

不動産会がホームページを作る場合、殆どの会社がトップに「社名」を入れたホームページを制作します。これは「会社紹介」が重要だと考えているからに他なりません。

 

そういう考え方でホームページを制作すると「賃貸情報」も「分譲情報」も「リフォーム情報」も、全て同じページに入れてしまいがちです。

 

そこで、下記のような「ホームページタイトル」にして、あなたの会社の強みや取り扱いエリアをダイレクトに示していく方法をお勧めします。

不動産ホームページ制作|商品特化

不動産ホームページ制作|専門性訴求不動産ホームページ制作|地域+取扱物件不動産ホームページのタイトル|地域名すこしキツイ言い方をしますと、お客様はあなたの会社の「社名」等には殆ど興味が無く、興味があるのは、あなたの会社がどんなサービスを提供していて、それが自分自身にとって有用か否かという事です。

 

従ってホームページを制作する場合は、自社にサービスの強み弱みを検証したうえで、「1サービス1ホームページ」を心がけるべきです。

 

つまり・・・

 

「ウチの会社は分譲も仲介も賃貸もリフォームも全部やっているから全部ホームページに載せてお客様を集めよう」

 

と言う考え方では無く

 

「当社では分譲も仲介も賃貸もリフォームもやっているけれど、ホームページでは仲介のお客様を集めよう。分譲や賃貸やリフォームは、また時期を見て、専門のホームページを立ち上げよう」

 

と考える事が大切なんです。

 

あなたが反響の取れる不動産ホームページについて関心を持っておられるなら、一度、私にご相談下さい。

 

それでは今から下記「不動産ホームページ制作無料相談」をクリックの上、無料相談ページへお進みください。

不動産ホームページ制作の無料相談

尚、ネットからのご相談では無く「今、電話で相談してみたい。意見を聞いてみたい」とご希望の方は、0120-050-175(受付時間:10時~18時 土日・祝祭日定休)までお電話の上、コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい。

⇒【動画公開】反響の獲れる不動産ホームページ制作に関するヒント

【関連記事】

インターネットで不動産の電話反響を獲る方法|反響の取れる不動産HP制作のヒント②
不動産ホームページの登録物件数に関する件|反響の取れる不動産HP制作のヒント③
不動産ホームページにおける効果的な物件検索方法|反響の取れる不動産HP制作のヒント④
直物件・自社物件が少なくてもホームページ反響を獲るコツ|反響の取れる不動産HP制作のヒント⑤
フロントエンドとバックエンドを考慮した不動産ホームページ|反響の取れる不動産HP制作のヒント⑥
「仲介手数料無料」以外に打ち出せる金銭メリットは?|反響の取れる不動産HP制作のヒント⑦
物件コメントはテンプレート化で対応出来る|反響の取れる不動産HP制作のヒント⑧

「梶本のコンサル」への問い合わせ専用ダイヤル

FREEDIAL:0120-050-175

株式会社レコ コンサルティング本部 受付時間:10時~18時(土日・祝祭日定休)コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい

インターネットでのご相談お問い合わせ

不動産仕入れの集中講座