トップページ > 不動産業に携わる方が知って得する、集客と教育に関する事 > 事例公開|不動産会社がホームページ反響を取る為の具体策 > 物件コメントはテンプレート化で対応出来る|反響の取れる不動産HP制作のヒント⑧
  • 2018年8月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

物件コメントはテンプレート化で対応出来る|反響の取れる不動産HP制作のヒント⑧

2015/06/15

反響の取れる不動産売買仲介HPを、格安で制作する方法|ネット支店60
不動産ホームぺ―ジ物件コメント不動産ホームページの各物件ページには「担当者コメント」を書き込めるものが多いですが、殆ど活用されていないのが現状です。

担当者コメント欄には多くの文字が書き込めるにも関わらず、

・東南角地

・室内丁寧にお使いです

・○○駅徒歩5分

・建築条件無し

といったように、味も素っ気もない箇条書きの「コメント」ばかりです。特に「建築条件無し」とうコメントは最悪ですね。これは専門用語ですから、「注文建築用地」等、素人の方でもイメージし易い言葉に置き換える必要があります。

 

「そんな事言っても、いちいち全ての物件に長いコメントなんか書けないじゃないか!!」

 

というお声が聞えて来そうですが、1物件1物件考えて書く必要はありません。物件の特徴ごとに「コメントのテンプレート」を用意しておけば良いのです。

 

例えば、建築条件無の土地ならば5つのテンプレの中から選び、ペット可の物件ならば3つのテンプレを用意しておき、改装済みの物件ならば、4つのテンプレの中から選ぶ・・・そんな感じです。

 

「梶本のコンサル」では、クライアント向けに各種物件コメントテンプレートを50種類以上用意して、ご提供させて頂いております。

 

このコメントを挿入し、コメントの最後に電話番号を記載する事により、ある売買仲介業者様では。電話での問い合わせが増加しました。

 

 

あなたが反響の取れる不動産ホームページについて関心を持っておられるなら、一度、私にご相談下さい。

 

それでは今から下記「ホームページ制作無料相談」をクリックの上、無料相談ページへお進みください。

 

ホームページ制作の無料相談

尚、ネットからのご相談では無く「今、電話で相談してみたい。意見を聞いてみたい」とご希望の方は、0120-050-175(受付時間:10時~18時 土日・祝祭日定休)までお電話の上、コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい。

⇒【動画公開】反響の獲れる不動産ホームページ制作に関するヒント

【関連記事】

ホームページタイトルの付け方|反響の取れる不動産HP制作のヒント①
インターネットで不動産の電話反響を獲る方法|反響の取れる不動産HP制作のヒント②
不動産ホームページの登録物件数に関する件|反響の取れる不動産HP制作のヒント③
不動産ホームページにおける効果的な物件検索方法|反響の取れる不動産HP制作のヒント④
直物件・自社物件が少なくてもホームページ反響を獲るコツ|反響の取れる不動産HP制作のヒント⑤
フロントエンドとバックエンドを考慮した不動産ホームページ|反響の取れる不動産HP制作のヒント⑥
「仲介手数料無料」以外に打ち出せる金銭メリットは?|反響の取れる不動産HP制作のヒント⑦

「梶本のコンサル」への問い合わせ専用ダイヤル

FREEDIAL:0120-050-175

株式会社レコ コンサルティング本部 受付時間:10時~18時(土日・祝祭日定休)コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい

インターネットでのご相談お問い合わせ

不動産仕入れの集中講座