• 2018年8月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

不動産ホームページ月間アクセス数の統計|オーガニック検索と内部SEO

2015/06/22

反響の取れる不動産売買仲介HPを、格安で制作する方法|ネット支店60
不動産ホームページは何月のアクセスが多いのか?一般的なイメージでは、1~3月が多くて夏場に減って、秋口に増えて、年末にかけて徐々に減っていくって感じでしょうか?

そこで、私のクライアントの中で「量産型ブログSEO」を実施して頂いている不動産会社・住宅会社さんの月別アクセス状況(10社合計)を調べてみました。

今回の調査では「ホームページへのアクセス」の中でも「オーガニック検索のセッション数」を計測致しております。

不動産売買HPオーガニック検索|合計値

 

 

 

 

 

 

 



【調査方法】

・対象:関西圏の弊社クライアントの中から量産型ブログによる無料SEOを実施しておられる不動産売買仲介会社・住宅会社10社を対象に調査。グラフ上の数値は10社のオーガニック検索(自然検索)セッション数合計。

・期間:2014年1月~2015年5月

・調査対象の詳細:社員数10名以下の不動産売買仲介会社・住宅会社で量産型ブログを200件以上制作済み。外部SEO(有料のSEO)対策は行なっていない。

本来であれば1社ずつのデータをご紹介すべきですが、各クライアントのマーケティング戦略上コアとなる情報ですので、このような「10社合計」というフワッとした開示の仕方で申し訳ございません。

 

予想通り12月はかなりアクセス(セッション数)が減っておりますが、そのほかの動きは少し予想と異なりますね。1~3月の需要期を過ぎてもアクセスは下落せず、むしろ伸びております。

 

このグラフは「単なるアクセス数」では無く、検索者が「キーワード検索した上でアクセスした数」を表しており又、外部SEO(有料SEO)対策を行っていないクライアントのみを対象としていますので、よりホームページ内のSEO効果を感じて頂けるよう集計しています。

 

特に私の考案した「量産型ブログ」を実施頂いている不動産会社様・住宅会社様では「〇〇小学校 売土地」や「〇〇市〇〇町 中古一戸建て」等、小さなキーワードに対して手当して頂いておりますので、「〇〇市 不動産」といったビッグキーワードのみでSEO対策を行っている会社に比べ、時期的問題によるオーガニック検索数の増減が少ないのかも知れません。

 

実際、「〇〇小学校 売土地」や「〇〇市〇〇町 中古一戸建て」等、小さなキーワードに対する手当が少ない不動産ホームペーでは、3月以降オーガニックによるアクセスが減少しているところを多くみかけます(※具体的なデータをここでお示し知る事が出来ず申し訳ありません。このような書き方が信頼され無い事は重々承知しておりますが、公開しない事を条件に入手した情報が多い為、お許しください)。

 

ビッグキーワードでのアクセス収集も非常に大切な事ではございますが、年間通して「時期を選ばずポロポロと検索されるキーワード」に対する対策も重要である事を覚えておいて下さい。

>>>【関連記事】不動産ホームページの月別反響数について|アクセス数と反響数の相関関係

 

あなたが不動産ホームページのSEO対策について関心を持っておられるなら、一度、私にご相談下さい。

 

それでは今から下記「不動産ホームページのSEO対策」をクリックの上、無料相談ページへお進みください。

 

不動産ホームページのSEO対策

尚、ネットからのご相談では無く「今、電話で相談してみたい。意見を聞いてみたい」とご希望の方は、0120-050-175(受付時間:10時~18時 土日・祝祭日定休)までお電話の上、コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい。

⇒【動画公開】反響の獲れる不動産ホームページ制作に関するヒント

⇒【動画公開】不動産ホームページの無料SEOに関するヒント

 

「梶本のコンサル」への問い合わせ専用ダイヤル

FREEDIAL:0120-050-175

株式会社レコ コンサルティング本部 受付時間:10時~18時(土日・祝祭日定休)コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい

インターネットでのご相談お問い合わせ

不動産仕入れの集中講座