• 2018年9月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

不動産HP|パソコン・携帯(スマホ)・タブレットの反響数比較

2015/07/24

反響の取れる不動産売買仲介HPを、格安で制作する方法|ネット支店60
不動産ホームページの反響は、パソコン(desktop)・携帯、スマホ(mobile)・タブレット(tablet)のどのデバイスが多いと思いますか?又、貴社のホームページは、どのデバイスから反響を多く得ていますか?

 

そこで私のクライアント先の中から10社(関西圏・不動産売買仲介及び新築分譲会社)をピックアップし、2015年1月1日~2015年7月23日までに反響があったデバイスカテゴリを、Google Analyticsの数値を基に集計し、比較してみました。

 

その結果は下記の通りです。

 

2015年1月1日~2015年7月23日のデバイス別反響】

パソコン(desktop)からの反響:40.29%

携帯、スマホ(mobile)からの反響:56.21%

タブレット(tablet)からの反響:3.50%

 

ご覧頂きました通り携帯、スマホ(mobile)かたらの反響が一番多く、パソコン(desktop)からの反響は、40.29%と半分以下になっています。

 

それでは、今から2年前の2013年1月1日~2013年7月23日はどのような反響内訳だったのか、私のクライアント先の中から8社(関西圏・不動産売買仲介及び新築分譲会社、この8社は上記集計にも含まれる)のデバイス別反響割合を見てみましょう。

 

2013年1月1日~2013年7月23日のデバイス別反響】

パソコン(desktop)からの反響:74.35%

携帯、スマホ(mobile)からの反響:16.66%

タブレット(tablet)からの反響:8.99%

 

たった2年の間に、携帯やスマホからの反響がググッと増え、パソコンからの反響がド~ンと下がっています。今後もこの傾向はドンドン加速していく事が予想されますよね。

 

2015年4月21日にGoogleがスマートフォンでのモバイルユーザビリティを検索のアルゴリズムに反映するようになった後も、パソコンとスマホの検索順位には大きな差が生じなかったとは言え、ここまでスマホでの反響が多いとなると対策も必要になるかも知れません。

 

但し、単純にスマホ対応(レスポンシブ対応)したからと言って、当該ページの直帰率や滞在時間が飛躍的に向上するものでは無く、しっかりとしたコンテンツの構築を行った上で、ユーザビリティも向上させていかないと抜本的な改善にはつながらない事も覚えておいて下さい。

 

 

もし、あなたが不動産ホームページでの集客について関心を持っておられるなら、一度、私にご相談下さい。それでは今から下記「不動産ホームページ集客の無料相談」をクリックの上、無料相談ページへお進みください。

 

 

不動産ホームページ集客の無料相談

 

 

尚、ネットからのご相談では無く「今、電話で相談してみたい。意見を聞いてみたい」とご希望の方は、0120-050-175(受付時間:10時~18時 土日・祝祭日定休)までお電話の上、コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい。

 

【関連記事】

事例公開|不動産会社がホームページ反響を取る為の具体策

事例公開|不動産ホームページを検索上位表示させるSEO

⇒【動画公開】反響の獲れる不動産ホームページ制作に関するヒント

⇒【動画公開】不動産ホームページの無料SEOに関するヒント

「梶本のコンサル」への問い合わせ専用ダイヤル

FREEDIAL:0120-050-175

株式会社レコ コンサルティング本部 受付時間:10時~18時(土日・祝祭日定休)コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい

インターネットでのご相談お問い合わせ

不動産仕入れの集中講座