トップページ > 不動産業界での集客、教育に関するヒントを記載したブログ > レインズデータとCSVで連動するだけで不動産ホームページはOKなのか?
  • 2019年12月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

レインズデータとCSVで連動するだけで不動産ホームページはOKなのか?

2015/06/30

━━━━━よく読まれている関連記事━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【不動産HP】不動産ホームページの反響は「物件ページ」と「条件登録」のどちらが多いか?
【不動産HP】インターネット集客と不動産業界について|これからの不動産業界について
【不動産HP】不動産会社がホームページを制作する際の目標とは何か|不動産web制作のゴール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。株式会社レコ コンサルティング本部の梶本でございます。

 

今日、不動産会社の社長をしている友人から、久しぶりに電話がかかって来ました。開口一番、その友人に聞かれたのは…

 

『レインズデータをCSVで掻き出して、ホームページと連動させる機能って絶対に必要やと思う?』

 

って質問でした。

 

>>>【関連記事】不動産業に携わる方が知っておくべき反響の獲れるホームページについて

 

どうやらその不動産会社に、ホームページ制作会社から営業電話がかかってきたみたいでして、そのホームページ制作の営業マンが『当社ならレインズデータをCSVで掻き出して、ホームページと連動させる機能がありますので、業務効率のアップに繋がりますよ!』って連呼していたらしいんです。

 

レコの商品にもレインズデータ連動型のホームページはありますし、業務効率のアップに繋がる事も間違いないのですが、そもそも業務効率を狙ってホームページを勧めるのっておかしいと思いませんか?

 

ホームページとは「集客する為のツール」ですから、「レインズデータをCSVで掻き出して、ホームページと連動させる機能」ばかり強調されても困りますよね。

 

この手の「業務効率」ばかりをアピールするホームページ制作会社の他にも、「顧客管理・帳票管理」ばかりをアピールするホームページ制作会社なんかを時々見かけますけど、反響がしっかり獲れる事が大切であって、業務効率アップや、顧客管理・帳票管理何て事はその次の問題です。

 

反響が全く獲れなければ、効率をアップさせる業務自体がありまぜんし、当然、管理すべき顧客もおらず、契約がなければ帳票の管理も不要…ってな泣くに泣けない状態になりますから、あなたもお気を付け下さいね。

 

ちなみに、この友人はいわゆる「土地屋さん」でしてエンドユーザーさん自体とあまり接点が無い為、ホームページもレインズも全く関係ないんですけどね…。

 

私から友人へは「土地屋さんにレインズ連動型のホームページなんかいらんやろ。」と答えておきました。

 

ホームページ制作会社はおそらく、全宅さんや全日さんの名簿を上から順番にかけて行ったんだと思いますが、不動産屋相手に商売してるんなら、もうすこし調べてからテレアポすべきですよね。

 

>>>梶本へのご相談はコチラ

⇒【動画公開】反響の獲れる不動産ホームページ制作に関するヒント

 

⇒【動画】梶本幸治のご挨拶と自己紹介|株式会社レコ

【関連記事】
『レインズ csv』で検索された方へ伝えたいノウハウ
『レインズ データ 取り込み』で検索された方へ伝えたいノウハウ
『レインズデータ インポート hp』で検索された方へ伝えたいノウハウ
『レインズ連動』で検索された方へ伝えたいノウハウ

「梶本のコンサル」への問い合わせ専用ダイヤル

FREEDIAL:0120-050-175

株式会社レコ コンサルティング本部 受付時間:10時~18時(土日・祝祭日定休)コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい

インターネットでのご相談お問い合わせ

不動産仕入れの集中講座

お知らせ

お知らせをもっと見る >

梶本の日常

梶本の日常をもっと見る >

コンサル事例紹介

コンサル事例をもっと見る >