トップページ > 不動産業界での集客、教育に関するヒントを記載したブログ > 神奈川県の地域密着型不動産会社が、仕入れの為に行なうべき事とは?
  • 2017年11月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

神奈川県の地域密着型不動産会社が、仕入れの為に行なうべき事とは?

2017/07/12

地域密着型の不動産会社が仕入れを強化する為にするべき事
地域密着型の不動産会社が商圏内で仕入れを強化するには、一括査定対応の最適化、自社仕入れサイトの構築、重点マンションの選定、ダイレクトメールの送付等々…
やるべき事が山ほどあります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

不動産業界でご活躍中のあなた、こんにちは。
不動産業界専門の集客・営業教育コンサルタントの梶本幸治です。
今日も、大阪市西区北堀江1丁目のオフィスから私の日常をお伝えします。

江の島を望む

 

私は先程、一泊二日の神奈川出張から戻ってきました。

今回、神奈川県のクライアントに対しては「地域密着仕入れ」の為、下記施策の強化をご提案し、その具体的な手法に関してもみっちりご説明して参りました。

 

 

施策1:一括査定サイト初期対応(反響後3分以内の電話及び、詳細な査定書作成と送付方法)
【関連記事】不動産一括査定サイトの、月間反響数及び媒介受託率を集計した結果
施策2:物件仕入れ用(査定反響獲得用)自社ホームページの構築
【関連記事】自社ホームページから不動産査定依頼・買取反響を獲るヒント
施策3:重点マンションの選定方法と、それら重点マンションの攻略方法
【関連記事】重点マンション売り求むチラシで、専任受託する秘訣とは?
施策4:仕入れ用ダイレクトメールの実施準備とその方法
【関連記事】反響が獲れる空地空家ダイレクトメール(DM)の驚く効果
施策5:売主に対する査定訪問時に知っておくべき折衝手順

仕入れ強化のためには先ず、一括査定サイト初期対応をしっかりと身につけて頂く事が大切で、そのほかの施策に取り掛かるのはその後だとは考えておりますが、向こう一年間に実施すべき施策を横断的に開設させて頂きました。

新横浜駅

 

4時間の定例コンサルはアッと言う間に時間が過ぎ去り、その後は同社社長と楽しい会食。

1軒目…2軒目…3軒目とご一緒するうちに、気が付けば深夜2時!

コンサル時間は4時間だったのに飲んでる時間は約8時間と、仕事で行っているのか飲みに行っているのか分からない…そんな神奈川出張となりました。

 

= 梶本へのご相談はお気軽に =

不動産会社・住宅会社様の集客・教育に関する無料相談

 

 

 

 

 

 

⇒【動画】梶本幸治のご挨拶と自己紹介|株式会社レコ

「梶本のコンサル」への問い合わせ専用ダイヤル

FREEDIAL:0120-050-175

株式会社レコ コンサルティング本部 受付時間:10時~18時(土日・祝祭日定休)コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい

インターネットでのご相談お問い合わせ

不動産仕入れの集中講座