トップページ > トップ|売却コンテンツ > 売り物件求むや不動産買取広告が、新聞・地域誌の記事広告で有効な理由
title_lesson

私は紙媒体を用いる集客ツールは全て、売り依頼獲得施策用として活用して欲しいと考えています。
市町村が発行する小冊子(各種届出の方法などが記載された小冊子)、新聞やタウン誌等への記事広告等でも同様です。
町内の回覧板に広告を載せるケースなどを含めても良いかも知れません。

これへの広告出稿は「付き合い」でお願いされるケースが殆どで、不動産会社側もその出稿費用を「広告宣伝費」というよりは、「接待交際費」のような感覚で支払っていると思います。
つまり、反響を取ってやろうという気持ちでは無く、付き合いもあるしこのくらいの料金なら、まぁ払っても良いか、といった感じで広告出稿を行ってしまいます。
こんな気持ちで実施した場合、広告紙面は単に社名が記載されただけのイメージ優先のデザインになってしまい、「不動産の事なら何でも〇〇不動産株式会社へ」といった、何の訴求力も無いキャッチコピーを挿入してしまいます。

そこで、このような「付き合い出稿」で、市町村が発行する小冊子(各種届出の方法などが記載された小冊子)、新聞やタウン誌等へ広告を出される場合は、売り求む広告を出さる事をお勧めします。
そして肝心の広告の中身ですが、ここは思い切り対象物件絞り込んだ記事にしましょう。
キャッチコピーの例は下記の様になります。

・空部屋が目立つアパートや文化住宅、即金買い取り致します。
・老朽化した一戸建て、即金買い取り致します。
・土地の形や前面道路の狭さも不問!土地の即金買い取りならお任せ下さい。

反響が無くて当たり前の媒体に付き合いで広告を出すのですから、会社の宣伝などでは無く、思い切って「儲かりそうな売り依頼反響」を狙って下さい。元々反響が期待出来ない媒体だけに、とくかく1件だけでも反響を狙う事が大切です。
媒体の性質上、年配者が見ているケースも十分考えられますので、忘れた頃に売り依頼反響が舞い込むなんて事も期待出来ます。

banner_leeson

「梶本のコンサル」への問い合わせ専用ダイヤル

FREEDIAL:0120-050-175

株式会社レコ コンサルティング本部 受付時間:10時~18時(土日・祝祭日定休)コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい

インターネットでのご相談お問い合わせ

不動産仕入れの集中講座

お知らせ

お知らせをもっと見る >

梶本の日常

梶本の日常をもっと見る >

コンサル事例紹介

コンサル事例をもっと見る >