不動産業に携わる方が知っておくべき社員教育の考え方と、教育実践のヒントとは

何が欲しいか(男性編)
「頑張れば稼げるのに、お前は何故頑張らないのか?今月、どうするつもりだ!」
毎日毎日、こんな事を言われて「そうだ、頑張って稼ごう」なんて思える人間は少ないですよね(ひょっとしたら、あなたはそう言われても燃えるタイプかも知れませんが。)
モチベーションを挙がるには、人それぞれ色々な手法があると思いますが、先ずは「数字のストレス」「営業のストレス」から営業マンを解放し、前向きで建設的な思考をする余裕を与えてあげる事が必要です。
「そんな事出来たら苦労はしないよ」と言われてしまいそうですが、実は私に腹案があるんです。
極々、簡単にご説明しますと「業績で注意せず、内容で注意する」「とにかく集客に全力を挙げる」「営業トークは質問に徹する」といった感じです。

精神論や、大昔の成功体験を延々と語ったり、成績不振者の人格を否定するような叱責は意味がありません。
「それくらい言わなきゃ、あいつらは言う事を聞かない」って思われるかも知れませんが、一瞬だけ頑張っても、そんなやり方では長続きしませんよ。
営業力は「個人の素質」ではなく「会社の教育」で伸ばすものですから、個々への無意味な叱責で、大切な営業マンのモチベーションを下げないようにしましょう。

前のページに戻る

「梶本のコンサル」への問い合わせ専用ダイヤル

FREEDIAL:0120-050-175

株式会社レコ コンサルティング本部 受付時間:10時~18時(土日・祝祭日定休)コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい

インターネットでのご相談お問い合わせ

不動産仕入れの集中講座