不動産業に携わる方が知っておくべき不動産会社の体質改善に関するヒントとは

社長の本音
分譲会社の社長からよくお聞きするお話をご紹介致しましょう。
「営業マンが単なる売り子ばかりで、不動産の知識が無く疲れる」「営業マンが完全に“待ちの営業”になっていて、反響獲得は会社の仕事だと思い込んでいる」「社長である私が良い現場を仕込んで来たから売れているのに、営業マンが自分だけの手柄のように増長するのが目に余る」・・・如何ですか?あなたの会社でもこんな事はありませんか?
分譲会社である以上、自社物件を売る事が至上命題ではありますが、「単なる売り子」の営業マンに売れる時代では無くなってきていますよね。自社現場が他の競合(他社現場、仲介物件、賃貸物件)と比べ、どこが優れていて、どこが劣っているのか、それを把握する為には、営業マンの「不動産知識教育」が必要だとは思いませんか?

ライバル分譲会社の動向や分譲中現場、仲介で売りに出ている中古物件や売り土地情報に精通した上で、お客様に自社現場を紹介すれば、説得力も増します。
「とにかくウチの現場は良い」と思い込む気持ちも営業マンには必要ですが、たんなる思い込みで売れるほど、お客様は甘くないですから。

前のページに戻る

「梶本のコンサル」への問い合わせ専用ダイヤル

FREEDIAL:0120-050-175

株式会社レコ コンサルティング本部 受付時間:10時~18時(土日・祝祭日定休)コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい

インターネットでのご相談お問い合わせ

不動産仕入れの集中講座