不動産業に携わる方が知っておくべき不動産会社の体質改善に関するヒントとは

社員の本音
分譲会社の社員(営業マン)からよくお聞きするお話を紹介致しましょう。
「社長が売れない現場ばかりを仕入れて来て困る」「売れた時は社長の手柄、売れない時は営業マンの責任・・・こんな事ではやってられないよ」「ポータルサイトだ、ホームページだとか会社はうるさいけど、ネットの客なんかカスだよ」・・・如何ですか?あなたの会社でもこんな事はありませんか?
営業マン自身が仕入れを出来る会社を目指したり(「仕入れ担当者」を置く事は諸刃の剣ですので、難しいところですが)、営業マン自身が集客のエキスパートになれば、会社も儲かりますし、営業マンの歩合も増えますよね。
「現場に貼りついて、見込み客をクロージングする」事は、分譲営業の基本ではありますが、新築着工戸数も激減している現在、売るだけでは無く、現場の仕込みや集客の段取り、効果的な追客手法を知っていた方が得ですよね?

社長の過去の手柄話を聞かされ、社長の思いつきで右往左往させられる事に、分譲会社社員は疲れ切っています。
この辺で一度、貴社の営業教育を見直し、営業マンが社長の方を向くのではなく、しっかりとお客様の方を向いて仕事が出来る会社を目指しませんか?

前のページに戻る

「梶本のコンサル」への問い合わせ専用ダイヤル

FREEDIAL:0120-050-175

株式会社レコ コンサルティング本部 受付時間:10時~18時(土日・祝祭日定休)コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい

インターネットでのご相談お問い合わせ

不動産仕入れの集中講座

お知らせ

お知らせをもっと見る >

梶本の日常

梶本の日常をもっと見る >

コンサル事例紹介

コンサル事例をもっと見る >