不動産業に携わる方が知っておくべき売却依頼を受託する為の効果的な手法とは

奈良事例(空地空家)
奈良県の私のクライアントでは、土地をお探しのお客様から「買いたい空地・買いたい空家」をヒヤリングし、2011年4月~2013年11月までの間に、合計697件(有効)の空地空家所有者様に「売りませんか?」のダイレクトメールを送付し、その内の103件に関しては所有者様と直接お話しする事が出来、更にその内の49件から売却に関するご相談を頂く事が出来ました。
その49件のご相談中、16件の方と媒介契約を受託するに至りました。
つまり、43.44件に1件の割合で受託出来た計算になります。
この結果を受け奈良県のクライアントでは、空地空家所有者様専属の営業担当者を置くなどして、遊休不動産の流通に力を入れておられます。

このクライアントでは、ご紹介申し上げた購入希望顧客で成約になるよりも、このアプローチがご縁で長期間受託させて頂き、通常の販売手法で成約になるケースが多いようです。
空地空家調査で大切な事は「先ずは所有者様からご連絡を頂く」事であり、そこから様々なビジネスチャンスが生まれます。反響の獲れる空地空家ダイレクトメールの書き方は、梶本までお気軽にお尋ね下さい。

前のページに戻る

「梶本のコンサル」への問い合わせ専用ダイヤル

FREEDIAL:0120-050-175

株式会社レコ コンサルティング本部 受付時間:10時~18時(土日・祝祭日定休)コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい

インターネットでのご相談お問い合わせ

不動産仕入れの集中講座