不動産業に携わる方が知っておくべき売却依頼を受託する為の効果的な手法とは

会社紹介(査定書)
「査定書なんて価格が分かれば良いんだろ」と、我々不動産業界の者は考えがちですが、価格の提示と同じくらい大切な事があるのをご存知ですか?
それは・・・会社紹介ページです。売主様の気持ちにたって考えたら当たり前の事ですが、なかなか見落としがちな事です。
そりゃそうですよね。自分の大切な財産である不動産の処分を任せるのですから、どんな場所にある不動産屋さんで、どんな外観で、どんな人が社長で、どんな人が担当の営業マンで、どんな事が得意なのか、知りたくなるのは当たり前です。
A4の用紙2~3枚のペロンとした査定書に、簡単な価格の説明しか載せず「媒介が取れない、媒介が取れない」と言っている不動産屋は、ちょっと「不動産業」を甘く見過ぎだと私は思います。

査定書を作る時の考え方をここでお伝えしておきますね。
査定書は「売主様が、自宅でお茶でも飲みながらパラパラと査定書を読んでいるうちに、だんだんと内容にのめり込んで行き、査定書を作成した不動産屋さんに会って詳しい話が聞きたくなる」って事を目標に作成して下さい。
「営業マンの説明+査定書」では無く「査定書単体」で、売主様に納得して頂ける内容まで、しっかりと作り込んで下さい。

前のページに戻る

「梶本のコンサル」への問い合わせ専用ダイヤル

FREEDIAL:0120-050-175

株式会社レコ コンサルティング本部 受付時間:10時~18時(土日・祝祭日定休)コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい

インターネットでのご相談お問い合わせ

不動産仕入れの集中講座