不動産業に携わる方が知っておくべき売却依頼を受託する為の効果的な手法とは

各価格説明(査定書)
「査定価格は出来るだけ高めに出して、取りあえず受託した後、何だかんだと言いながら値段を下げて行くものだ!」そんな風に考えておられる不動産屋さんは多いと思います。その反面、「高受けするくらいなら、受託するな!受けても売れない!」と仰る不動産屋さんも沢山知っています。
ハッキリ言って、どちらも「不動産屋の都合」を売主様に押し付けているだけですね。
査定の段階では、「査定価格」「売出し提案価格」「売出し上限価格」「買取価格」「買取保証価格」等、売り方によって価格の見方が変わる事を、しっかりと売主様にご説明し、御理解頂いた上で受託すべきです。
事前の一策、事後の百策に勝る」とか「後でする喧嘩を先にする」と言った言葉がございますが、先にしっかり厳しい話も含めて御説明しておけば、万一売れ行きが怪しくなってきても、売主様の御理解は得られるものです。

それから、買取価格と買取保証価格の違いが分かり難いかもしれませんので説明しておきます。
買取価格とは、「一度も市場に出すと来なく、不動産会社が即金で買い取らせて頂く価格」を指し、買取保証価格とは「一旦、市場に出した後に売れ残った場合、不動産会社が即金で買い取らせて頂く価格」を指します。
売主様が「買取」と「買取保証」を同じに考え、後々クレームになる業者様が多いので、あなたもお気を付け下さい。

前のページに戻る

「梶本のコンサル」への問い合わせ専用ダイヤル

FREEDIAL:0120-050-175

株式会社レコ コンサルティング本部 受付時間:10時~18時(土日・祝祭日定休)コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい

インターネットでのご相談お問い合わせ

不動産仕入れの集中講座

お知らせ

お知らせをもっと見る >

梶本の日常

梶本の日常をもっと見る >

コンサル事例紹介

コンサル事例をもっと見る >