不動産業に携わる方が知っておくべき反響が獲れる不動産広告の作成方法とは?

買い広告の考え方
多くの不動産会社が、買い広告を次のように考えて作成しています。
「毎週チラシを入れておけば、お客様が家を買いたいと思った時にウチの会社を思い出してくれて、それがいつの日か物件への反響に繋がる」
はっきり言って、こんな考え方は「都市伝説」ですから、今すぐ直ちに改めて下さい。
確かに毎週毎週10万部くらい広告を入れて、駅や役所、路線バスにも広告を出して、テレビやラジオのCMもやっていたら、そんな現象も期待出来るかも知れませんが、たかだか週に1~3万部の広告を入れているくらいで、誰もあなたの会社の名前なんて覚えてくれませんから。
それでは、どのように考えれば良いのかですが、もし1万部の広告を入れるなら3人のお客様だけに響く広告を作るよう心掛けて下さい。9997に無視されても、3人だけは「問い合わさずにはいられない」ような、尖がった広告を作って下さい。

今回の広告による目標反響数が3件ならば、チラシ実施エリア内にすむ「まだ見ぬ3人のお客様」に対して手紙を書くつもりで広告を作りましょう。変に色気を出して、万人受けする広告を作るから、「反響0件」なんて事になるんです。

前のページに戻る

「梶本のコンサル」への問い合わせ専用ダイヤル

FREEDIAL:0120-050-175

株式会社レコ コンサルティング本部 受付時間:10時~18時(土日・祝祭日定休)コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい

インターネットでのご相談お問い合わせ

不動産仕入れの集中講座