不動産業に携わる方が知っておくべき社員教育の考え方と、教育実践のヒントとは

嘘報告は社長の責任
「Aランクに上げてたお客さんを決められないなんて、お客様の内容を把握出来ていない証拠だ!」とか、「毎月毎月、目標300万円って言ってるけれど、達成出来た例がない!」等と怒っておられる不動産会社の管理職の方って多いですよね。
その管理職の方に言わせると「顧客のランク付けが甘い」「目標に対する達成意識が低い」部下が悪いって事らしいんですけど・・・はっきり言って、それは管理職の方にも問題があるのではないでしょうか?
おそらくその管理職の方は、「沢山のAランク、Bランク客」や「高すぎる目標額」を報告しないと、「やる気が無い!気合が足りない!」と怒り出すんだと思います。
時には精神論も大切ですが、精神論ばかりだとロクな報告は上がって来なくなります。
現状を的確に認識し、見込み客が多く、業績も挙がる体制作りこそ大切であり、営業マンを絞り上げたところで、なんの解決にもならない事を認識して欲しいものです。

下から「本当の報告」が上がって来るような職場環境にする事も上司の仕事ですから。怒りたくなる気持ちも充分分かりますが、その怒り・・・少しだけ堪えてみて下さい。

前のページに戻る

「梶本のコンサル」への問い合わせ専用ダイヤル

FREEDIAL:0120-050-175

株式会社レコ コンサルティング本部 受付時間:10時~18時(土日・祝祭日定休)コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい

インターネットでのご相談お問い合わせ

不動産仕入れの集中講座

お知らせ

お知らせをもっと見る >

梶本の日常

梶本の日常をもっと見る >

コンサル事例紹介

コンサル事例をもっと見る >