不動産業に携わる方が知っておくべき不動産会社の体質改善に関するヒントとは

分譲会社と仲介会社の違い
分譲会社は基本的に物件を売りますが(まぁ、単なる売り子は生き残れない時代になっては来てますが)、仲介会社の場合は如何でしょう?
仲介会社であっても「物件受託」が業績の生命線であり、実際には物件を売って手数料を頂くのですが・・・より正確に申し上げると「物件を売る」のでは無く「情報を売る」のが仲介会社の仕事ですよね。
「物件を売ろう」とすると、お客様の条件(ex.希望沿線、希望の広さ、希望築年数)に合いそうな物件の資料をひたすら持っていく「郵便配達員」のような営業になってしまいます。
仲介営業は「お客様の購入動機」と「お客様の資金内容」を徹底的にヒヤリングし、そのお客様にマッチする物件を市場から探してきて提案する、そんな営業スタイルが必要だとは思われませんか?

その為には、お客様からヒヤリングを行う際、「希望物件は、一戸建てですか?マンションですか?それとも土地ですか?」と尋ねたり、「希望の広さは?最寄駅は何処を希望されますか?」と聞くのでは無く、購入理由をしっかりとヒヤリングしましょう。お客様から聞き出すべき事は「購入理由」と「資金計画」だけで充分です。

前のページに戻る

「梶本のコンサル」への問い合わせ専用ダイヤル

FREEDIAL:0120-050-175

株式会社レコ コンサルティング本部 受付時間:10時~18時(土日・祝祭日定休)コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい

インターネットでのご相談お問い合わせ

不動産仕入れの集中講座