トップページ > 不動産業に携わる方が知って得する、集客と教育に関する事 > 事例公開|不動産会社がホームページ反響を取る為の具体策 > 直物件・自社物件が少なくてもホームページ反響を獲るコツ|反響の取れる不動産HP制作のヒント⑤
  • 2018年9月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

直物件・自社物件が少なくてもホームページ反響を獲るコツ|反響の取れる不動産HP制作のヒント⑤

2015/06/15

反響の取れる不動産売買仲介HPを、格安で制作する方法|ネット支店60
お客様は物件の魅力だけで問い合わせをして来る

 

・・・って仰る不動産プレイヤーは多いですが、本当にそうなんでしょうか?

 

これが本当ならば、直物件や自社物件の少ない不動産会社は、ホームページで反響を獲る事が困難になってしまいますよね。

 

そこで、ちょっと考えて見て下さい。

 

もしあなたが、営業経験豊富ならお分かりでしょうが、「あなたに任せたい」「あなたから買いたい」「あなたに建てて貰いたい」と言う理由で成約になるケースって、結構多いですよね。(ここで「そうだな」と頷けない方は、営業の基本が不十分な可能性がありますので、もっと営業の勉強をして下さい)

 

この「あなたから…」と言う決め方は、何も対面での営業現場の話だけでは無く、ネットの世界でも同じです。

 

ホームページを見ているうちに「あっ!!この不動産会社、良さそう」とお客様が思われても、今の掲載物件や掲載情報には欲しいモノが無い・・・でも、「問い合わせ」ってボタンをクリックしたら、メール送信画面になるだけで、何を打ち込んだら良いのか分からない・・・

 

そんなケースに対応している不動産ホームページは非常に少ないですよね。

簡単リクエストフォーム

 

ではどうすれば良いのか、『梶本のコンサル』では簡単リクエストというコンテンツをご提案させて頂いています。

 

これは、お客様の要望や質問事項等を予め想定し、その全ての項目をチェックボックスで用意しておくのです。

 

 

これで「あなたから…」というお客様を、更に増やす事が可能です。『梶本のコンサル』の事例では、このコンテンツを実装する事で、問い合わせ数が倍以上にもなっているんですよ。
>>>不動産ホームページの反響は「物件ページ」と「条件登録」のどちらが多いか?

 

あなたが反響の取れる不動産ホームページについて関心を持っておられるなら、一度、私にご相談下さい。

 

それでは今から下記「ホームページ制作無料相談」をクリックの上、無料相談ページへお進みください。

 

ホームページ制作の無料相談

尚、ネットからのご相談では無く「今、電話で相談してみたい。意見を聞いてみたい」とご希望の方は、0120-050-175(受付時間:10時~18時 土日・祝祭日定休)までお電話の上、コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい。

⇒【動画公開】反響の獲れる不動産ホームページ制作に関するヒント

【関連記事】

ホームページタイトルの付け方|反響の取れる不動産HP制作のヒント①
インターネットで不動産の電話反響を獲る方法|反響の取れる不動産HP制作のヒント②
不動産ホームページの登録物件数に関する件|反響の取れる不動産HP制作のヒント③
不動産ホームページにおける効果的な物件検索方法|反響の取れる不動産HP制作のヒント④
フロントエンドとバックエンドを考慮した不動産ホームページ|反響の取れる不動産HP制作のヒント⑥
「仲介手数料無料」以外に打ち出せる金銭メリットは?|反響の取れる不動産HP制作のヒント⑦
物件コメントはテンプレート化で対応出来る|反響の取れる不動産HP制作のヒント⑧

「梶本のコンサル」への問い合わせ専用ダイヤル

FREEDIAL:0120-050-175

株式会社レコ コンサルティング本部 受付時間:10時~18時(土日・祝祭日定休)コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい

インターネットでのご相談お問い合わせ

不動産仕入れの集中講座

お知らせ

お知らせをもっと見る >

梶本の日常

梶本の日常をもっと見る >

コンサル事例紹介

コンサル事例をもっと見る >