トップページ > 不動産業界での集客、教育に関するヒントを記載したブログ > 物件仕入れ(買取・媒介受託)の秘訣は「細部にこだわる」事
  • 2020年12月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

物件仕入れ(買取・媒介受託)の秘訣は「細部にこだわる」事

2015/08/26

━━━━━よく読まれている関連記事━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【仕入れ】収益物件の受託(仕入れ)と、健美家を用いた販売に関する反響と成果
【仕入れ】面倒な売主報告(販売状況報告書)を不動産営業の武器に!
【仕入れ】大阪市内のクライアント訪問|タワーマンションの仕入れ(媒介受託)手法について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

レコの事務所から見た外の景色こんにちは。株式会社レコ コンサルティング本部の梶本でございます。

先程、九州のクライアントと電話での打ち合わせを終え、今、誰もいない社内でブログを更新しています。

ちなみに、私のオフィスから見た景色は、こんな感じです。

大阪の四ツ橋の交差点スグにオフィスがありますので、近くに来られた際は是非、遊びに来て下さいね。

では…今日の本題ですが、物件仕入れ(買取・媒介受託)の話をしてみたいなと思います。

先程までお電話で打ち合わせしてた九州のクライアントは、営業マン一人で8月の受託媒介件数が何と12件で、価格帯も500万円程度の戸建から、3億円近い事業用地まで多岐に渡っているとの事でした。

又、私の南大阪のクライアントも8月の売り反響が30件弱(営業マンは2名)と、なかなかの好成績を収めておられるのですが、この2社には共通点がございます。

それは…

「細部にこだわって仕事をしておられる」

って事です。

売り求む広告にはそのエリアの物件を複数掲載し、エリアに精通している事をアピールする

・どんなに安い物件でも、どんなに薄いお客様はでも査定書はきっちりと作り込み、それをメールで送った後に郵送でも同じものを送る。

・査定訪問の後は顔写真入りのお礼状を必ず出す。

DMを送る時も売主様のメリットを分かりやすく記載する。

等々、本当に「細部にこだわった仕事」が良い結果を生んでいます。

「売り物件が欲しい。売り物件が欲しい」と言っているにも関わらす、査定価格を口頭で伝えたり、メールの本文に記載したりする営業マンが多く、仕入れ活動も1件1件に魂を込める事無く、ルーティンワーク化している営業マンが多いですが…真面目に「細部にこだわった」仕事をすれば必ずや結果はでる筈です。

あなたも、細部にこだわった仕事で業績をあげて下さいね。

>>>梶本へのご相談はコチラ(相談無料)

【2015年9月8日追記】不動産ダイレクトメール実施のお役に立つべく、この度「不動産所有者調査サービス(全国対応)」を始めました。詳細はコチラをご覧ください>>>不動産所有者調査サービス|戸建・土地・区分マンション・一棟|登記簿取得代行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

⇒【動画公開】不動産物件仕入れ・媒介受託に関するヒント

 

「梶本のコンサル」への問い合わせ専用ダイヤル

FREEDIAL:0120-050-175

株式会社レコ コンサルティング本部 受付時間:10時~18時(土日・祝祭日定休)コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい

インターネットでのご相談お問い合わせ

不動産仕入れの集中講座

お知らせ

お知らせをもっと見る >

梶本の日常

梶本の日常をもっと見る >

コンサル事例紹介

コンサル事例をもっと見る >