トップページ > 不動産業界での集客、教育に関するヒントを記載したブログ > 【訪問先:大阪府大阪市】空家管理ビジネスの出口は「売却狙い」しかないのか?
  • 2020年10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

【訪問先:大阪府大阪市】空家管理ビジネスの出口は「売却狙い」しかないのか?

2017/09/16

空家管理ビジネスの出口は「売却狙い」しかないのでしょうか?
空家管理ビジネスの多くが、最終的に「売却に絡む」事による利益を見込んでいます。
しかし、空き地空き家が増えて行く中で、もっと違った「空家管理ビジネス」も考えて行きたいですね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
不動産業界でご活躍中のあなた、こんにちは。
不動産業界専門の集客・営業教育コンサルタントの梶本幸治です。
今日も、大阪市西区北堀江1丁目のオフィスから私の日常をお伝えします。

空き地空き家の増加に伴い、空き地空き家ビジネスに力を入れておられる不動産会社が増えて来ました。

私のクライアントでも空き地空き家相談会を開催したり、チラシやラジオを用いて空き地空き家問題の深刻さを訴えておられる方が多くいらっしゃいます。

昨日は、大阪市内のクライアントへお伺いし、空き地空き家ビジネスの中でも「空家管理」の施策についてお打ち合わせをして来ました。

様々な「空家管理」サービスを調べてみましたが、結局のところ「空家管理で信頼を勝ち取り、売却時に声を掛けて貰う」事を目指すビジネスモデルが多いようですね。

その結果、本当に空家管理で困っている地方(過疎地域と呼んでも良いような地域)での案件は受けず、売却時にそれなりの利益が期待できる地域しか扱わない事になります。

とある空家管理事業者さんは「田舎の空き家は手を出すな!」とも言い切っておられました。ちょっと酷い話ですが、仲介手数料の上限が決められている現在では(改正の動きはありますが…)、売買価格の総額が低額である地域は、不動産会社も手を出しにくいですよね。

で、話は戻りますが…

この大阪市内のクライアントでは「単に売却時の利益のみ」を追求するのではなく、もっとお客様の生活様式あわせた不動産サービスを模索しておられ、私もそのお手伝いをすべく知恵を絞っています。

なかなか、難しい課題ではございますが、「売却のみを目標にしない空家管理」のサービスが確立出来れば、不動産業界の活性化にも繋がりますので、精一杯智恵を絞り切ってみます。

【仕入れに悩んでおられる貴方にオススメの記事】
全39時限|不動産仕入れ(媒介受託・買取)集中講座|梶本のコンサル

= 梶本へのご相談はお気軽に =

不動産会社・住宅会社様の集客・教育に関する無料相談

 

 

 

 

 

 

⇒【動画】梶本幸治のご挨拶と自己紹介|株式会社レコ

「梶本のコンサル」への問い合わせ専用ダイヤル

FREEDIAL:0120-050-175

株式会社レコ コンサルティング本部 受付時間:10時~18時(土日・祝祭日定休)コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい

インターネットでのご相談お問い合わせ

不動産仕入れの集中講座

お知らせ

お知らせをもっと見る >

梶本の日常

梶本の日常をもっと見る >

コンサル事例紹介

コンサル事例をもっと見る >