• 2024年6月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
2024/06/10

奈良県奈良市|築後20年鉄骨造の収益一棟物件、都会では無いが地方の一等地に立つ物件をどう査定すべきか?

2024年6月8日(土)、本来、週末はお休みを頂いているのですが、クライアントが今、売却相談を受けている奈良市内の収益物件を見に行くことになり休日出勤する事となりました。

奈良市は私が現役の営業時代担当していたエリアであり、奈良県下の収益物件に関しては当時№1(自称)の取引件数を誇っている…と思っていたため、クライアント先で「奈良の収益物件の目利きには自信がある」と言いまくっていたところ、「そんなに現役時代凄かったのでしたら、ウチが預かる事になった収益一棟物件を一度見て下さい」との依頼を受けた訳です。

この奈良市内の物件、奈良県下ではまぁまぁの一等地に建っており、敷地もそこそこの広さ、入居率も悪くありません。しかし…築後20年以上経過している鉄骨造ということもありファイナンス付けには苦労しそう…。

敷地が広い為、積算価格は結構な金額となり、売主様もなかなか価格面で強気なご様子との聞いてはいますが、本当に査定金額に悩むところです。
本来なら利回り12%くらいが妥当なところだと思いつつも、「いくら一等地とはいえ奈良は地方都市だからなぁ」と思ってみたり、「大阪や京都のへアクセスを考えたらもっといい金額出せるかなぁ」と思ってみたり、なかなか悩ましい物件現地確認となりました。

私が出した査定金額をクライアントに伝えたところ「ん~ん、微妙な金額ですが、まぁ不通に考えたらそうなりますよね~。しかし…うう~ん。」と唸っておられました。

後20年鉄骨造の収益一棟物件、都会では無いが地方の一等地に立つ物件をどう査定すべきか?非常に難しい問題です。

【関連記事】
初めて収益物件の価格査定を行うのですが、先ずは何に気をつけて査定すれば良いですか?

「梶本のコンサル」への問い合わせ専用ダイヤル

FREEDIAL:0120-050-175

株式会社レコ コンサルティング本部 受付時間:10時~18時(土日・祝祭日定休)コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい

インターネットでのご相談お問い合わせ

梶本のコンサル動画まとめ-不動産集客・教育ノウハウMOVIE

不動産仕入れの集中講座

お知らせ

お知らせをもっと見る >

梶本の日常

梶本の日常をもっと見る >

コンサル事例紹介

コンサル事例をもっと見る >