トップページ > トップ|売却コンテンツ > お客様がいらっしゃいます広告作成の秘訣|不動産売り求むチラシ作成術
title_lesson

「〇〇町限定で物件のお客様がいらっしゃいます」というチラシも古典的ながら、まだまだ効果が期待出来る手法です。
しかし、この「お客様がいらっしゃいますチラシ」は、一般の不動産所有者様から懐疑的な目で見られていることも事実です。
つまり、不動産所有者様の「本当にお客さんがいるの?嘘じゃないの?」という懐疑的な気持ちを払拭するような紙面作りが必要になります。

今では、漠然とお客様がいらっしゃいますという文言だけを記載しているチラシは少なくなり、お客様が〇組いらっしゃいますとか、お客様リストを記載する不動産会社が増えて来ましたが、これではまだまだ、不動産所有者様の懐疑的な気持ちを払拭するには至っていないと思います。
では、どのようなチラシ紙面を作れば良いのでしょうか。
私はもっともっと、具体的な内容を書くべきだと考えます。
購入希望のお客様の購入動機や現在の状況、希望される物件の詳細等、具体的な内容を書く事が反響を呼ぶコツなのです。
それでは、実際に反響が取れた「お客様がいらっしゃいますチラシ」にどのような文章を記載したか次の通りご紹介致します。

banner_leeson