トップページ > 不動産業界での集客、教育に関するヒントを記載したブログ > 査定番頭(不動産査定提案書作成ソフト)の機能と操作、申込み方法について
  • 2018年12月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

査定番頭(不動産査定提案書作成ソフト)の機能と操作、申込み方法について

2016/11/11

査定番頭(不動産提案書作成ソフト)の機能と操作、申込み方法について査定書を手早く作るためには【査定番頭】さんのような、不動産査定提案作成ソフトを用いる事も十分検討に足る方法だと思います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

不動産業界でご活躍中のあなた、こんにちは。
不動産業界専門の集客・営業教育コンサルタントの梶本幸治です。
今日も、大阪市西区北堀江1丁目のオフィスから私の日常をお伝えします。

私は先日クライアントからのご依頼を受け、査定番頭(不動産査定提案書作成ソフト)の機能と操作、申込み方法を知る為に株式会社アドパークコミュニケーションの担当者様から、査定番頭に関するレクチャーを受けて来ました。

自動査定システムといえば、今までも東京カンテイ様やタスマップ様のお話も伺い、私のクライアントに対してご紹介してきましたが査定番頭様のお話を伺うのは初めてでした。

率直な感想を申し上げると、成約事例の制度や新鮮さに関してはやや不満が残るものの、帳票のまとまりに関してはそれなりに納得出来るものでした。
そして、他のサービスに比べ何と言っても「価格が安い!」ってのは魅力でしたね。

我々不動産業界も以前のように「査定価格を口頭で伝えて、はい終わり」ってやり方ではなかなか受託も難しくなってきており、特に不動産一括査定サイトを利用する際は、査定書を如何に手早く作るかも大きな課題になっていますので、その点では査定番頭は手軽なサービスかな?…と感じています。

こんごもこのように、不動産業をサポートする周辺サービスも研究して行きますね。

【関連記事】

・東京カンテイ新規入会方法及び、データサービス商品の詳しい説明を聞かせて頂きました。

・空地空家DMやマンションオーナーDM等で面倒な所有者調査代行します

・不動産一括査定サイトの、月間反響数及び媒介受託率を集計した結果

・不動産価格査定書で競合他社に勝ち、専任で受託する方法

= 梶本へのご相談はお気軽に =

不動産会社・住宅会社様の集客・教育に関する無料相談

 

 

 

 

 

 

⇒【動画】梶本幸治のご挨拶と自己紹介|株式会社レコ

「梶本のコンサル」への問い合わせ専用ダイヤル

FREEDIAL:0120-050-175

株式会社レコ コンサルティング本部 受付時間:10時~18時(土日・祝祭日定休)コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい

インターネットでのご相談お問い合わせ

不動産仕入れの集中講座

お知らせ

お知らせをもっと見る >

梶本の日常

梶本の日常をもっと見る >

コンサル事例紹介

コンサル事例をもっと見る >