• 2020年9月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

不動産重要事項説明書に関する、不動産営業社員教育研修

2016/04/16

(2016年6月30日追記)
【全20問】不動産新人営業マンの営業基礎知識テスト|研修習熟度試験
【講義内容】不動産重要事項説明書に関する、不動産営業社員教育研修
社員研修

株式会社レコ コンサルティング本部では、大阪府下の不動産会社様から新人教育研修のご用命を頂き(全13回)2016年4月11日に第4回研修「不動産重要事項説明書に関する、不動産営業社員教育研修」を実施してきました。

ここでは「不動産重要事項説明書に関する、不動産営業社員教育研修」の研修内容をご紹介致します。

 
①売主の表示・第三者による対象物件の占有に関する事項
各項目の基本的な内容について解説

②不動産の表示・登記簿に記載された事項
特に「登記簿に記載された事項」の抵当権と根抵当権の違いに関して解説。根抵当権に関してはバケツに例えて説明すると共に、実務上で根抵当権が設定されていれば、売主は自身で御商売をなさっている可能性が高い事などを紹介。

③法令に基づく制限の概要等
特に建ぺい率、容積率の部分を解説。前面道路幅員による容積率の制限に関しては、実務上で気をつけるべき点をまじえて説明。

④法令に基づく制限の概要等(敷地と道路との関係における制限)
1項1号道路、開発道路、法以前、位置指定、2項道路、43但し書き等の違いを解説。
位置指定に関しては、連棟申請による再建築不可物件と併せて説明し、実務上で連棟申請物件をどう扱うかについて、私の実務経験をもとに紹介。

⑤飲用水・ガス・電気の供給施設及び排水施設の整備状況
都市ガス・個別プロパン・集中プロパンの違いや、汚水・雑排水・雨水の違いを説明した後、他人利用管に関して実務上で注意すべき点に関し解説。

⑥その他
重要事項説明書の各項目に関し、一言解説を実施。

以上

あなたも、新人営業研修、営業実務研修・店長(管理職)研修の必要性を感じておられるなら、下記よりお申込み下さい。
【記載例】

不動産社員教育研修のお申込み|不動産集客・教育コンサル - コピー

クリックして、社員教育問い合わせフォームに進む
⇒【動画公開】不動産業界での社員教育・採用に関するヒント


【関連記事】

不動産業専門|社員教育及び営業マン指導|梶本のコンサル

 

「梶本のコンサル」への問い合わせ専用ダイヤル

FREEDIAL:0120-050-175

株式会社レコ コンサルティング本部 受付時間:10時~18時(土日・祝祭日定休)コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい

インターネットでのご相談お問い合わせ

不動産仕入れの集中講座

お知らせ

お知らせをもっと見る >

梶本の日常

梶本の日常をもっと見る >

コンサル事例紹介

コンサル事例をもっと見る >