トップページ > 不動産業界での集客、教育に関するヒントを記載したブログ > 格安の不動産ホームページを制作して、反響を獲得出来るのか?
  • 2020年12月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

格安の不動産ホームページを制作して、反響を獲得出来るのか?

2015/06/17

格安の不動産ホームページを作成して、反響が獲得出来るのか?こんにちは。株式会社レコ コンサルティング本部の梶本でございます。

今日は、格安の不動産ホームページを制作して、実際に反響が獲得出来るのか…について考えさせられる一日になりました。

と申しますのも、私は本日、中国地方某県の売買仲介会社さんに対して、電話無料コンサルを行っていたのですが、同社はなかなかホームページからの反響が取れずお悩みだったんです。

(※以下のやり取りは、ご相談者様の承諾を得てブログに記載しております)

梶本「ちなみに、今のホームページはおいくらで制作されたのですか?」

相談者様「梶本さん、凄く高かったんですよ。60万円もかかったんです!」

梶本「ん~ん。60万円ですか…。」

相談者様「た…高くないですか?これって、安い方なんですか?」

梶本「大変失礼な事を承知で申し上げますが…60万円のホームページで反響取るのは難しいですね」

相談者様「えっ?じゃ、反響を取ろうと思えば、最低何万円くらいの費用がかかるんですか?」

梶本「ちなみに、月間何件くらいの反響を取りたいとお考えですか?」

相談者様「月間反響ですか?7~10件くらいは獲得したいんですが。」

梶本「一概には言えませんが、レコの商品以外の他社商品の評判等を含めてヒヤリングした結果を申し上げますと、コンスタントに月間7~10件獲得なら200万円くらいは最低必要かも知れませんね。」

相談者様「に…200万円ですか!」

梶本「価格が全てじゃないですし、地域差もありますから…一般論としてはそんな感じでしょうか?」

相談者様「しかし、200万円とは驚きですね!」

梶本「まぁそうですが、これをチラシに換算すれば折代・紙代込で一枚7円として、200万円なら28万5000部。7000部に1件の反響を取れたとしたら、40件の反響です。そう考えたら、200万円くらい高くないと思うんですけど」

相談者様「確かにチラシに換算したら、200万円は高くないかも知れませんね。ウチ会社は7000部で1件の反響も取れないから、もっとシビアな試算になりますし。」

梶本「とは申しましても、我々不動産屋は『チラシ大好き。ネットは分からん』って文化ですから。チラシに200万円は出せても、ホームページに200万円出す事は躊躇してしまいますよね。」

相談者様「そうそう文化なんですよ!うまい事言いますね。じゃ60万円くらいのホームページは高いどころか、格安って事になりますね。格安ホームページで反響を獲るなんて、そりゃ無理ですよね」

梶本「無理とは申しませんが、可能性は低いですね」

 

…ってな感じのご相談になりました。

 

確かに「格安不動産ホームページ制作」で検索すると、688,000件(平成27年6月17日現在)もヒットしますが、大切な事は「格安で不動産ホームページを作成する事」では無く、「反響の取れる不動産ホームページを作成する事」なんですよね。

 

しかし、我々不動産業界には「ネット戦略にお金を使う」って『文化』がまだあまりありませんので、ここが難しいところです。

 

そこで「梶本のコンサル」では、安くてもそこそこ反響が取れる不動産ホームページを開発すべく、現在プロジェクトを進行させていますので、楽しみにしておいて下さい。

 

明日もそのプロジェクトの打ち合わせを行って参りますので、どうぞご期待下さい!

 

>>>梶本に相談してみる

⇒【動画公開】反響の獲れる不動産ホームページ制作に関するヒント

⇒【動画公開】不動産ホームページの無料SEOに関するヒント

【関連記事】

不動産業専門|反響獲得ホームページ制作|梶本のコンサル

ホームページタイトルの付け方|反響の取れる不動産HP制作のヒント①
インターネットで不動産の電話反響を獲る方法|反響の取れる不動産HP制作のヒント②
不動産ホームページの登録物件数に関する件|反響の取れる不動産HP制作のヒント③
不動産ホームページにおける効果的な物件検索方法|反響の取れる不動産HP制作のヒント④
直物件・自社物件が少なくてもホームページ反響を獲るコツ|反響の取れる不動産HP制作のヒント⑤
フロントエンドとバックエンドを考慮した不動産ホームページ|反響の取れる不動産HP制作のヒント⑥
「仲介手数料無料」以外に打ち出せる金銭メリットは?|反響の取れる不動産HP制作のヒント⑦
物件コメントはテンプレート化で対応出来る|反響の取れる不動産HP制作のヒント⑧

「梶本のコンサル」への問い合わせ専用ダイヤル

FREEDIAL:0120-050-175

株式会社レコ コンサルティング本部 受付時間:10時~18時(土日・祝祭日定休)コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい

インターネットでのご相談お問い合わせ

不動産仕入れの集中講座

お知らせ

お知らせをもっと見る >

梶本の日常

梶本の日常をもっと見る >

コンサル事例紹介

コンサル事例をもっと見る >