トップページ > 不動産業界での集客、教育に関するヒントを記載したブログ > 神戸市内で不動産チラシの反響が増えた理由は「広告レイアウト」にあり?
  • 2018年12月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

神戸市内で不動産チラシの反響が増えた理由は「広告レイアウト」にあり?

2016/10/22

神戸市内でチラシ反響が増えた理由は、その商圏の特性を理解して上で実施した広告レイアウト
「地域内で動く商圏」と「エリア外からの流入が多い商圏」では、チラシのデザインから利用する媒体まで、全く異なる内容にする必要があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
不動産業界でご活躍中のあなた、こんにちは。
不動産業界専門の集客・営業教育コンサルタントの梶本幸治です。
今日も、大阪市西区北堀江1丁目のオフィスから私の日常をお伝えします。

昨日は神戸市垂水区のクライアント先で、定例ミーティングに参加していました。鳥取県で発生した地震の影響で電車のダイヤが乱れていましたが、なんとか遅刻せずに滑り込みセーフ。

クライアントとのミーティングでは一ヶ月間の反響を精査し、次の施策を打ち合わせるのですが、同社の反響数は売り反響、買い反響共に増加しており嬉しい限りです。

特にチラシ等紙媒体からの買い反響獲得に関しては「とある施策」が成功し、順調に反響数を伸ばしています。

「とある施策」が何なのかはここでご紹介する訳には行きませんが、チラシ等紙媒体を用いて買い反響を狙う場合は、その商圏が「地域内で動く商圏」なのか「エリア外からの流入が多い商圏」なのかを見極める必要があります。

「地域内で動く商圏」と「エリア外からの流入が多い商圏」では、チラシのデザインから利用する媒体まで、全く異なる内容にする必要がありますからね。

しかし、クライアントへ提案した施策で結果が出ると「コンサルやってて良かったなぁ」としみじみ感じます。

= 梶本へのご相談はお気軽に =

不動産会社・住宅会社様の集客・教育に関する無料相談

 

 

 

 

 

 

⇒【動画】梶本幸治のご挨拶と自己紹介|株式会社レコ

「梶本のコンサル」への問い合わせ専用ダイヤル

FREEDIAL:0120-050-175

株式会社レコ コンサルティング本部 受付時間:10時~18時(土日・祝祭日定休)コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい

インターネットでのご相談お問い合わせ

不動産仕入れの集中講座

お知らせ

お知らせをもっと見る >

梶本の日常

梶本の日常をもっと見る >

コンサル事例紹介

コンサル事例をもっと見る >