トップページ > 不動産業界での集客、教育に関するヒントを記載したブログ > 「業物(レインズ物件)を紹介する事」は不動産屋にとって恥ずかしい事なのか?
  • 2020年9月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

「業物(レインズ物件)を紹介する事」は不動産屋にとって恥ずかしい事なのか?

2015/06/12

こんにちは。株式会社レコ コンサルティング本部の梶本でございます。

今日、神戸の不動産会社さんと電話でお話をしている時、ちょっと気になる事がありました。

その不動産屋会社さん曰く

「レインズから業物の資料を貰って、お客様に紹介するなんて恥ずかしい。」…らしいです。

 

あなたはどう思われますか?

 

先日お伺いした神奈川県の不動産会社さんでも同じようなお話をさせて頂いたのですが、僕はレインズ物件でも「その裏側にある情報」を入手できれば充分勝負できると思っています。

 

「その裏側にある情報」ってちょっと格好つけた言い回しになりましたが、値付業者を訪問して「売却理由」や「値交渉幅」をヒヤリング出来れば、知れ渡って出涸らしになった業物でも、キラキラした新規物件同様に、大きな顔でお客様に紹介出来るんですけどね~。

 

情報産業である不動産業界ですから、水面下物件が魅力的な事は当然ですが、これら「その裏側にある情報」も立派な情報だと思いますよ。

 

もしあなたの会社の営業さんが「業物では勝負出来ない」って言い出したら、情報には様々な角度からのアプローチがある事を教えてあげて下さい。

 

>>>梶本に無料で相談してみる

【関連記事】

「梶本のコンサル」への問い合わせ専用ダイヤル

FREEDIAL:0120-050-175

株式会社レコ コンサルティング本部 受付時間:10時~18時(土日・祝祭日定休)コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい

インターネットでのご相談お問い合わせ

不動産仕入れの集中講座

お知らせ

お知らせをもっと見る >

梶本の日常

梶本の日常をもっと見る >

コンサル事例紹介

コンサル事例をもっと見る >