• 2017年10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

不動産売却相談会の集客に、かもめ~ると新聞折込広告を用いた結果

2017/07/26

不動産売却相談会の集客に、かもめ~ると新聞折込広告を用いた結果
弊社クライアントでは不動産売却相談会(セミナー)の集客にかもめ~る(郵便局)、新聞折込広告、ポスティングチラシを利用されました。ここではその不動産売却相談会集客施策の結果を公開し、チラシ作成のコツについても解説致します。

 
■不動産売却相談会の内容:空地空家セミナー

■開催場所:関西某エリア(郊外型)

■会場:市営の小規模会館

■実施集客施策と反響数(来場総数6件。内、事前予約2件、当日参加4件

・かもめ~る:会館近くの1000戸(来場3件

・新聞折込広告:9500部(来場2件

・各戸配布の地域誌挟み込み広告:13,000部(来場1件

※新聞折込と地域誌挟み込みの広告は同じ内容(A4のやや硬い紙使用。裏面はFAX申込用紙)

 
■かもめ~る及びチラシ紙面の内容

・「空地空家の悩みが解消出来る」旨のキャッチコピーを大きく記載

・「こんなお悩みをお持ちの方」として、具体的顧客像をチェックボックス方式で掲載

・使用フォントはメイリオ(Meiryo)

・会場写真と相談会の実施要領を大きく記載

・参加方法は事前予約及び当日参加の2パターン可

・事前予約方法は電話予約及び、FAX申込みシート利用

・予約電話番号は大きく記載し、受付時間と定休日を併記

・相談会の講演内容と講師の紹介を記載

・デザインよりも「文字で読んで頂く」構成

空地空家セミナー相談会会場

 

以上のような方法により不動産売却相談会を開催したところ、来場6組様の内、3件は具体的なご案件に進みそうです。

上記「かもめ~る及びチラシ紙面の内容」をご覧頂いてお分かりのように、このかもめ~る葉書及び、実施広告は文字数が多く、そのフォント数も小さなものになりました。

 

空地空家セミナー相談会会場文字が多いチラシに関しては「読む気が起らない」や「高齢者は読みづらい」等と、ネガティブなイメージを持っておられる不動産会社様が多いようですが、本相談会の参加者様も高齢の方が多く、このような指摘は当たらない事が実証されました。

大切な事は「文字を大きくする事」では無く「小さな文字が沢山並んでいても、読んでみたい」と思わせる広告や葉書、DMを作成する事です。

 

単なる「売り求むチラシ」を実施してもなかなか反響が獲れないとお悩みの方は、このような「相談会への誘引」という形での集客は如何でしょうか?

地域の皆様のお役にたちながらも、自社の売り物件を増やす「不動産売却相談会」の開催。その開催手法を知りたい方は、お気軽に梶本までご相談下さい。

不動産売却相談会を用いた仕入れに関するご相談は、下記よりお気軽にお問い合わせ下さい。

 

= (相談無料)梶本へのご相談はお気軽に =
【無料】クリックして「問い合わせフォーム」へ移動する。
電話でのお問い合わせは、0120-050-175まで(受付時間:10時~18時 土日・祝祭日定休)

 

 
【関連記事】

不動産売却セミナー(相談会)を開催して、直物件を仕入れる方法
空地空家対策セミナーの開催等、地元不動産会社が出来る事とは?
不動産会社が定期的に空地空家セミナーを開催した結果
不動産売却相談会(セミナー)集客用の広告(チラシ)デザインとは?

 

⇒【動画公開】不動産物件仕入れ・媒介受託に関するヒント

「梶本のコンサル」への問い合わせ専用ダイヤル

FREEDIAL:0120-050-175

株式会社レコ コンサルティング本部 受付時間:10時~18時(土日・祝祭日定休)コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい

インターネットでのご相談お問い合わせ

不動産仕入れの集中講座