• 2022年12月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
2022/03/10

不動産営業用トークスクリプト作成と、効果的な営業ロープレについて-大阪府河内長野市にて

私、梶本のクライアント先に対しては不動産営業用トークスクリプトとして、売主応酬話法集や空き地空き家所有者トークスクリプト、一括査定反響対応トークスクリプトをお渡しし、営業現場での折衝力向上に役立てて頂いたおります。

クライアント先で実施するロープレも、基本的にはこれら不動産営業用トークスクリプトの習熟度を確認する意味で実施しています。

クライアントの中には、私がご提供した不動産営業用トークスクリプト以外にも、自社で独自のトークスクリプトを作成しておられる不動産会社もいらっしゃい、そのような独自のトークスクリプト作成時には私も監修者として参加させて頂いております。

今日はそんな「自社で営業用トークスクリプト」を作っておられる、大阪府河内長野市の不動産会社様へ初めて訪問してきました。

同社では以前から不動産買付営業・新築住宅販売営業・仕入営業の自社トークスクリプトと営業マニュアルを作成し、営業ロープレも毎週役割を変えながら実施されているとの事で、「そろそろスクリプトもマニュアルも見直したいな」と思っておられたところ、ミカタラーニング様で公開中の「不動産仕入れ営業シーン別「売主応酬話法講座」」の13分間の体験動画をご覧下さり、私へお声かけ下さったのです。

同社からのリクエストは、動産買付営業・新築住宅販売営業・仕入営業の自社トークスクリプトと営業マニュアル見直しに際し、監修者として営業会議に参加する事。そしてそれを基に営業ロープレを実施する事でした。

今日のお打ち合わせは先方のご要望をお聞きするだけで終了しましたが、近日中に再訪し具体的な話を詰めていく事になりそうです。
一風変わったお仕事ですがやり甲斐のある内容ですので今からワクワクしています。

【関連記事】
不動産受託(仕入れ)時の営業トーク解説|売主交渉における注意点
不動産売買仲介の買付営業ヒント集|お客様訪問時の注意点
不動産業界への転職では「話し上手」か「聞き上手」、成功しやすいのはどっち?

「梶本のコンサル」への問い合わせ専用ダイヤル

FREEDIAL:0120-050-175

株式会社レコ コンサルティング本部 受付時間:10時~18時(土日・祝祭日定休)コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい

インターネットでのご相談お問い合わせ

梶本のコンサル動画まとめ-不動産集客・教育ノウハウMOVIE

不動産仕入れの集中講座

お知らせ

お知らせをもっと見る >

梶本の日常

梶本の日常をもっと見る >

コンサル事例紹介

コンサル事例をもっと見る >